脇汗

【手術するべき?】脇汗治療ができるおすすめの病院3選と種類まとめ!

投稿日:

医者の画像

脇汗が極端に多くて洋服にすぐにシミがついてしまうなど、見た目に悪影響を及ぼすケースは決して珍しくはありません。

また、同時に脇汗の影響で臭いトラブルが引き起こされるケースも出てくるので、脇汗が人よりも多いのでは?と思っている人は注意していきましょう。

あまりに症状が顕著な場合には専門の医療機関で本格的な治療を受けていくこともおすすめになっていきます。

具体的な治療内容についてはそれぞれのケースで異なってくるため、まずはその詳細をチェックしていくことからはじめていきましょう。

脇汗手術ができる病院とは?

女医の画像

脇汗の手術ができる病院とは具体的にどういったところなのでしょうか?

一口に病院と言っても、すべての診療科でこうした脇汗の症状を診てくれるというわけではありません。

基本的に相談が可能なのは皮膚科や美容外科形成外科といった科で、それぞれの科で微妙に受けられる治療内容も変化してくることになるので受診の際には注意していくようにしましょう。

前もって脇汗治療にはどういった方法が用いられているのか、ホームページなどで確認していくのもおすすめです。

脇汗とワキガは違う

そもそも、脇汗とワキガの症状はその根本が異なっています。

脇汗が体中に存在しているエクリン汗腺という汗腺から分泌されている汗なのに対して、ワキガの場合にはアポクリン汗腺という汗腺がその発端となっています。

運動などによって体温調整が必要になった時に発汗が促されているのがエクリン汗腺で、この汗はそのほとんどが水分でサラサラとした質感が特徴です。

これに対してアポクリン汗腺から分泌される汗は粘り気があって人によっては濁った状態のものが多くなります。

同じ汗による症状でも脇汗とワキガとではその根本が異なってくる、この点はしっかり押さえておくようにしましょう。

脇汗手術のリスクとは?

女性が悩む画像

脇汗の手術を行えばより確実に症状を緩和していくことが可能になっていきます。

ただ、ここで注意しておきたいのが手術には多少のリスクが伴うことになるという点です。

健康な肌や組織をあえて傷つけて手術を行うので、当然傷跡が残る危険性がありますし、一度手術を受けたからといって完全に症状が治まると断言できるという分けではありません。

中には再発を繰り返して余計にお金がかかってしまう人もいるという点は覚えておくといいでしょう。

脇汗手術の種類

(1)皮弁法・反転剪除法(せんじょほう)

脇汗手術と一口に言ってもその種類にはいくつかあげられます。

その中でもよく世間で知られているのが皮弁法・反転剪除法(せんじょほう)です。

この方法は美容外科や形成外科で受けることができる治療で、脇の下に切開を行いそこから皮膚をひっくり返して脇汗の原因となっている汗腺を一つ一つ取り除いていきます。

傷跡が目立ちやすいというデメリットがありますが、保険が適用される分その費用負担を最小限に抑える抑えることが可能です。

最安の病院であれば検査代や処置費用も含めて5万円程度、全額自己負担で治療を受ける場合には総額30万円ほどの費用が必要です。

(2)切除法

切除法という方法であれば脇の下を比較的大きく切開して、エクリン汗腺やアポクリン汗腺がある層をごっそりと抉り取っていきます。

一つ一つの汗腺を取り除くよりも確実性が高く、数ある脇汗手術の中でも古くからおこなわれてきた歴史のある方法でもあります。

保険は適用されるのでさほど負担は大きく成りませんが、皮膚同士がくっつくときに引きつれが起きやすく、傷口も大きい傾向にあるため、最近ではこうした方法で手術をする病院はほとんどありません。

(3)五味式直視下剥離法(五味クリニック)

脇汗手術の中でも注目していきたいのが五味式直視下剥離法です。

この方法はわきの下のしわに沿って切開を行いそこから汗腺のある層を引きはがして処置を行っていきます。

汗腺を一つ一つ目視で確認してハサミで切除していくことになるので、手術時間は長くなる傾向にありますが、従来の手術に比べて傷口が小さく得られる効果も高いのが特徴です。

この治療法は保険が適用されないため、費用は全額自己負担となっていきます。

総額で30万円ほどの金額が必要になってくるので、ある程度予算に余裕がある人におすすめの治療方法となってくるわけです。

(4)皮下組織掻爬(そうは)法

脇汗の手術にはこの他、皮下組織掻爬(そうは)法という方法も挙げられます。

この方法だと脇の下を小さく切開した後、そこから耳かき状の器具を挿入して汗腺をかきだしていくことになります。

皮下組織のうち皮膚側に近い部分に存在している汗腺を取り除くのが難しく、再発が多い手術としても知られています。

一時的な効果だけを重視するのであればいいのですが、より長期的な効果を期待していきたいという人には不向きです。

この治療は保険が適用されないため、費用は全額自己負担で30万円ほどの金額が必要です。

治療の際にはこうした金額に関する点もしっかり押さえておくといいでしょう。

(5)皮下組織吸引法

皮下組織吸引法の場合、脇の下に小さな穴を開けてそこから専用の器具で汗腺と脂肪細胞を吸引していきます。

目視で確認できるわけでもないので、すべての汗腺を取り除くのが難しく再発は避けられない手術としても知られています。

傷口が小さいというメリットはありますが、治療の際には注意が必要です。

保険は適用されず、費用負担は総額で15万円程度必要になってきます。

予算に限りがあるという人は注意していきましょう。

(6)イナバ式皮下組織削除法(稲葉クリニック)

イナバ式皮下組織削除法は稲葉クリニックで独自で行われている脇汗手術の方法で、保険は適用されず、総額で20万円ほどの金額が必要になっていきます。

この手術では皮下組織掻爬(そうは)法で用いた耳かき状の器具の先にローラーが取り付けられていて、患部の皮下組織を均等に取り除いていくことが可能になっています。

傷跡が小さいのにも関わらず多くの汗腺を取り除くことができる、非常に質の高い手術だといえます。

(7)PMR法

PMR法は美容外科で主に行われている手術で、吸引法をより改良した仕組みが特徴です。

脇の下を切開してそこから専用の器具を挿入します。

従来に比べてより細い管を挿入して脂肪細胞や汗腺を吸引していくので、小回りが利いて取り残しが少なくなっていきます。

ただ、この治療は保険の適用を受けられず、費用は全額自己負担となっていきます。

総額で30万円ほどの金額が必要になってくるので、治療の際にはある程度の予算を用意しておきましょう。

(8)超音波治療法・ベイザーシェービング

超音波治療法・ベイザーシェービングでは、脇の下に切開を行いそこからベイザー管を挿入していきます。

一度その管から超音波を照射して患部の汗腺組織を破壊して、その破壊された組織は管を通して吸引されていくというわけです。

汗腺を完全に取り除くことは難しいものの、傷跡が小さく跡が残りにくいという点を考慮すれば決して悪い話ばかりというわけではありません。

費用負担は総額40万円ほど、保険が適用されないため、予算が限られているという人には不向きな方法として挙げられます。

(9)ローラークランプ法(共立美容外科)

ローラークランプ法は吸引法を大幅に改良した形で、脇の下に切開を行った後に専用のローラークランプを患部に挿入していきます。

皮膚をローラーで押さえながら吸引を行うので取り残しがより少ないのが特徴です。

また、傷口を保護しながら吸引ができるように器具が工夫されているので、その点でも患者は安心して治療を受けることができます。

費用負担は40万円ほど、保険は適用外となるので、この点は注意していく必要があります。

(10)ビューホット

脇汗の手術の中でも最新の技術が用いられているのがビューホットです。

この手術では、高周波針を使って患部の汗腺を直接破壊していきます。

メスを使うことがないので、その分傷跡が残るなどのリスクを回避することが出来ますし、手術の際には局所麻酔が施されるので痛みを感じることはほとんどありません。

費用負担は最新技術というだけだって40万円と高額になっていますが、保険が適用されないことを考慮すれば致し方ない金額でもあります。

(11)ミラドライ(マイクロ波)

同じく最先端の技術で脇汗対策をしていきたいという人であれば、ミラドライの治療もおすすめになっていきます。

この治療ではマイクロ波を使って皮膚の上から汗腺組織を破壊していくことができます。

傷跡が残る心配はありません施術後すぐに効果を実感することができる、これも大きな魅力となっていきます。

費用負担は35万円ほど、この治療も保険が適用されないので費用は全額自己負担となっていきます。

脇汗手術は子供でもできるの?

子供の画像

脇汗の手術は子供でも可能ではありますが、時に注意が必要なこともあります。

というのも子供の場合には成長の段階で汗腺が再生してしまうリスクが高くなります。

汗腺が特に発達していくのが成長期のタイミングなので、その前に手術を受けても意味がない、むしろお金が無駄になってしまうこともあるということです。

脇汗手術ができるおすすめクリニック3選

東京美容外科

東京美容外科の画像
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F
アクセス 東京メトロ 各線「銀座駅」
A3出口から徒歩4分
時間 10:00~19:00 [予約制]
費用 約30万円

東京で脇汗手術ができる病院にはどういったところがあるのでしょうか?

まず挙げられるのが東京美容外科です。

この病院では吸引法や小切開剪除法などの手術を受けることができ、東京であれば銀座に施設を構えています。

比較的アクセスがしやすい立地となっているので、通院の際にもおすすめです。

 

ジョウクリニック

ジョウクリニックの画像
住所 〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地1-4-20 桜橋IMビル4F
アクセス JR北新地駅11-21
出口より徒歩1分
時間 10:00~19:00
費用 約30万円

大阪で脇汗手術をしたいというのであればジョウクリニックを利用するのもおすすめです。

この病院では切らないワキガ治療を得意としていて最先端技術を駆使したビューホットの治療もここでなら受けることができます。

東京に病院施設はないものの、大阪や京都、松山にまで足を運べばより高度な技術を実感していくことが可能になっていきます。

 

マイアミ美容外科

マイアミ美容外科の画像
住所 〒104-0061東京都中央区銀座3-11-16 VORT銀座イースト6階
アクセス 地下鉄浅草線 東銀座駅
A7出口より徒歩数秒
時間 10:00~19:00
費用 約35万円

マイアミ美容外科でも切らないワキガ手術、ビューホットの治療を受けることができます。

施術自体が30分程度で終えることができるので、手っ取り早く治療を済ませたいという人にもおすすめです。

この病院は東京メトロ東銀座駅のすぐそばに位置しているのでアクセス面では非常に優れています。

仕事帰りやショッピングのついでに立ち寄るのにもおすすめの病院というわけです。

脇汗は自然に症状が治ることはある

脇汗の症状は自然に治ることがあります。

これは食生活やホルモンバランス、睡眠時間の乱れによって症状がひき起こされていた場合です。

症状の原因となっている生活習慣を改善すれば、当然脇汗も緩和されていくことになります。

もちろん、症状が緩和されていくためには一定期間生活習慣を改める必要がありますが、たったこれだけのことでコンプレックスを解消できるというのであれば試してみるに越した事はありません。

脇汗を手術以外で対策する方法

女性の画像

(1)制汗剤

脇汗を手術以外で対処していくために、制汗剤を活用するのが最も手軽な方法です。

制汗剤には消臭成分制汗成分が多く配合されているので、手っ取り早く症状をおさえることが可能になっていきます。

中には効果が長期間持続するものもあるので、使い分けを行うことでより自分に合った商品を選ぶことも可能です。

クリアネオ

クリアネオの画像
メーカー ソーシャルテック
価格/内容量 5,980円/30ml
制汗力 ★★★★★
消臭力 ★★★★★

脇汗対策におすすめの商品として、まず取り上げられるのがクリアネオという商品です。

この商品の特徴はその高い殺菌効果にあります。

ワキガの原因となる菌を99%殺菌することができる、使ったその場で効果を実感することができる、この点は非常に大きなメリットとなっていきます。

意外と量も入っていて長く持つ。痒くなったり荒れたりが一切ない。塗った直後は消毒っぽい匂いがしますがすぐ無くなります。汗もかなり止まるし体臭も抑えられてる気がします。

出典:@cosme

(2)サプリ

脇汗を手術以外で対処していくのであれば、専用のサプリを活用するのもおすすめです。

サプリには腸内環境を整えて臭いの原因となる成分の排出自体を抑制していく成分が豊富に含まれています。

体の中から自然な形で体質を変化させていく、体への負担がより少ない方法としてもおすすめになってくるのがこの方法です。

みやびの爽臭

みやびの爽臭
メーカー みやび
価格/内容量 2,880円/30mg×90粒
消臭力 ★★★★☆

では、具体的に脇汗対策におすすめのサプリにはどういったものがあげられるのでしょうか?

数ある商品の中でもおすすめなのがみやびの爽臭サプリです。

この商品には柿シブエキスりんごポリフェノールなど、腸内環境を整える成分が豊富に含まれています。

こうした有効成分の効果でゆっくりと体質改善を図り、自然と脇汗によるトラブルを軽減していくことができるというわけです。

天然成分でできているサプリメントなので、とても安心して飲むことができます。
ブルーベリー味でお水がなくても手軽に飲めます。

毎日続けていると、段々体の中のニオイが変わってくるような感じ。
汚い話ですが、お通じあとのニオイも変わってくるきがします。

小分けになっているので、持ち運びにもとても便利。
いつでも手軽にニオイケアができます。

出典:@cosme

脇汗手術は自分に合う方法を選びましょう

脇汗の症状を確実に改善していくためには手術を受けるのがベストです。

それぞれの手術で得られる効果や内容、注意点は異なってくることになるので、治療の際には前もってそれらの情報に目を通していくようにしましょう。

より自分の体質や好み、予算に合った治療方法を選択することが後悔しないためのポイントです。

手術を受けずに脇汗対策を打っていく方法も中にはありますが、これはあくまで症状が軽度の人に勧められるものです。

素人ができる対策には限界があるという点は覚えておくに越したことはありません。

人気記事はこちら

ワキガクリームtop 1

どれだけ洗って清潔に保っても、独特の臭いが発生してしまうワキガ。 汗をかくと臭いがひどくなり、さまざまなケアや対策を施してもなかなか改善しないということも少なくありません。 そんなワキガに悩んでいる人 ...

サムネイル画像 2

汗をよくかく夏場の季節に制汗剤は欠かせないアイテムですが、具体的にどの商品がおすすめになってくるのでしょうか? それぞれの好みや体質、予算によっても選択肢は変わってくることになるので、まずはランキング ...

口臭サプリ 3

人と会話をしている時に、口臭がしないか気になった事のある方も多いのではないでしょうか? 口臭はなかなか自覚するのが難しいデリケートな問題なので、日頃から万全にケアをして対策をする必要があります。 そう ...

-脇汗
-, , , , ,

Copyright© Un smell(アンスメル) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.