体臭

【要注意】胸もワキガになる?おっぱいが臭うチチガとは?原因と対策を解説!!

更新日:

体臭というのは程度の差こそあれ、人間なら誰でも持っている臭いです。そのため臭いが出ること自体はいたって自然なことであり、過剰に気にする必要はありません。

しかし、臭いの原因がチチガにあるとしたら注意が必要です。ただ、チチガと言われてもピンとこない人も多いのではないでしょうか。無関係な人は全くもって関係がなく、気にする必要もない症状です。また、関係がある人でも、症状の存在自体を知らないこともあるはずです。

一体どのような症状を指す言葉なのか、そしてどんな注意が必要なのか見ていきましょう。

チチガとは?

①チチガって何?

ワキガという症状を知っている人は多いかと思われますが、チチガというのはワキガの乳輪バージョンを指す言葉、と言えば分かりやすいかもしれません。別名、乳輪ワキガとも言われており、独特の臭いを発生させてしまうのです。

臭いが発生するメカニズムとして、根本にはアポクリン汗腺という組織が関係しています。ワキガの症状にも関係する組織ですが、乳輪にも分布していることで同様の刺激臭を生み出します。問題の汗腺からは臭いの原因物質が分泌されますが、それが皮膚常在菌に分解されることで悪臭を放ってしまうのです。

②チチガはどんな臭い?

具体的にどのような臭いを放ってしまうのか、表現の仕方は様々です。ネギのツンとした刺激臭や牛乳の腐ったような臭い、鉛筆の芯のなんとも言えない臭いなど、このような類で表現されることがあります。

程度によって症状が違っていますので、そこまで不快に感じられないこともあれば、強い刺激臭によって鼻が曲がるほどに感じられることもあります。また、狭い範囲で臭うケースがある一方、広範囲で臭ってしまうこともあり、周囲への影響の仕方も様々です。

チチガの原因

①妊娠、出産

原因のひとつに妊娠出産が挙げられます。このタイミングの時はホルモンバランスが乱れやすくなりますが、その影響でアポクリン汗腺の活動が活発になることがあるのです。その上、赤ちゃんの唾液が原因で雑菌が湧いてしまうこともあり、程度を強くすることもあります。

妊娠出産が原因の場合は次第に元に戻っていくことも多いです。一時的に症状が目立っているだけの場合もあるため、その間のケアをしっかりと行うだけでも十分と言えます。

②遺伝

チチガの大きな原因になりやすい要素として、遺伝の問題が挙げられます。アポクリン汗腺の分布量は遺伝によって引き継ぐ傾向が強く、親が体質を持っていると、その子供も同様の症状を発生させることがあるのです。

割合で示すと、両親ともに体質持ちの場合は約80%、片親だけが体質持ちですと約50%と言われています。ケースによっては非常に強く影響を受けてしまうため、臭いが気になる場合は遺伝を疑ってみることも必要と言えそうです。

③ストレス

強いストレスや慢性的なストレスを感じている場合、チチガの症状が強く出てしまうことがあります。ストレスというのは交感神経を活発にさせる働きがありますが、すると汗腺の活動も促進されてしまうのです。

例えば、緊張をすると嫌な臭いがする汗が出てしまうこともあると思われますが、これは交感神経が活発になっているからです。また、緊張は多汗の症状も発生させますので、汗が大量に出てしまうことによっても、衛生環境を悪くしてしまうことがあります。

④食生活の乱れ

食生活の乱れが顕著な人も注意が必要です。普段の食べ物によって臭いの程度は左右されますので、体臭の発生を促進する食生活の人はチチガの症状も目立ちがちです。

特に動物性たんぱく質を多く摂取する人は気を付けた方が良いと言えます。臭いが強くなる傾向があり、チチガはもちろん一般の体臭も目立ってしまいます。
また、食事が原因で肥満になっている状態も良くありません。汗をかきやすい体質になることで症状が強く出てしまうのです。

チチガのセルフチェック方法を紹介

セルフチェックの方法には次のようなものがあります。

  • ワキガの症状を自覚している。
  • ブラジャーに黄色のシミができる、あるいは臭いがする。
  • 耳垢が湿ってネチョネチョする。
  • おっぱいが苦いと指摘された。

もしもこれらのいずれかの症状に該当する場合はチチガの可能性を疑ってみる必要があります。臭いが分かりにくい場合は、ブラジャーを袋に入れて、翌日にチェックをしてみるのが良いかもしれません。
おっぱいが苦いというのもチチガ独特の症状ですので、パートナーに指摘された経験があるようなら体質を持つ可能性が大きいと言えるでしょう。

おすすめのチチガ対策

①通気性のよい下着やブラジャーを着用する

対策としては通気性の良い下着の着用が挙げられます。
湿気がこもりやすい下着ですと雑菌が繁殖してしまうため、臭いも強くなることがあります。例えばシルクやコットン素材の物ですと比較的通気性が良く不衛生になりにくいです。なお、チチガの体質がある人は、スソガという、股間からも臭いがする症状を持つがあるため、パンツに関しても注意を払うことが大切です。

運動をするなどして汗をかいたら着替えを心掛けるのも有効と言えます。清潔な状態を保てば臭いも発生しにくくなります。

②菌が繁殖しないようにする

菌が繁殖すると臭いが強くなってしまうため、菌への対策をすることも大切です。基本的には衛生的に保つようにすることが必要ですので、体をきちんと洗うことや、毎日下着を交換するなどを心掛けた方が良いでしょう。

ただ過敏になり過ぎてしまうのも良くありません。神経質になるとストレスで汗や皮脂が出やすくなり、衛生環境が悪くなってしまいます。臭いに敏感になり過ぎてしまうことで、逆に体臭が強くなることもあるため、気持ちをコントロールすることも必要です。

③汗を掻いたらこまめに拭き取る

汗を放置しておくと菌の繁殖を招きますので、こまめに拭き取るようにすることが必要です。特に女性の場合はブラジャーの影響もあって汗をかきやすい点に注意しなければいけません。何もしていない状態でも湿気がこもってしまうため、気付かないところで菌が繁殖してしまいます。

また、夏場などの汗をかきがちなタイミングでは、着替えを持っておくと安心と言えるでしょう。その上で通気性が良く、汗を吸い取るインナーを利用することで衛生的に保ちやすくなるはずです。

④わきがの汗が出ないようにする

臭いの原因になる汗を出ないようにしっかりと対策することも欠かせません。
手っ取り早く対策ができるのはスプレータイプの制汗剤ですが、効果が長続きしない傾向があるということと、乳輪に使用することに躊躇するという人もいるはずです。

そうした場合はクリームタイプの制汗剤を使用するのが良いかもしれません。クリームですとしっかりと定着してくれますので、効果が長持ちます。また、ボディクリーム感覚で使用できるため、デリケートな乳輪付近でも使いやすいと言えます。

⑤食生活を改善する

食生活がチチガの症状を強くしてしまいますので、普段の食事内容を見直してみることも必要です。
特に現代人の中には、脂っこい食事を好む傾向が強い人が増えています。するとチチガの症状が強くなるため、体質持ちの人は要注意と言えます。

また刺激性のある食べ物にも気を付けた方が良いでしょう。例えば唐辛子やニンニクなどを食べると汗が出やすくなります。その上、ニンニクの臭いは付きやすいため余計に体臭を強くさせる恐れがあります。

⑥チチガに効果のあるボディソープを使う

優れた消臭・殺菌作用のボディソープで清潔な状態を保つよう工夫をするのもおすすめです。チチガのような刺激臭への対策に特化したボディソープもありますので活用してみるのも良いかもしれません。

ただ、洗い過ぎにならないように注意が必要です。過剰に洗ってしまうと菌の繁殖を促進する恐れがあります。また洗い過ぎで乾燥させるのも良くありません。乳輪付近はとてもデリケートな場所でもあるため、しつこく洗うようなことは避け、素手で優しく洗うようにした方が安心と言えます。

⑦病院へ行く

もしも、あまりにも臭いの程度が強い、自力での対策が難しいという場合は、病院に相談へ行ってみることも必要です。比較的楽に対策ができる軽度の症状ならば良いものの、強く症状が出てしまうこともあります。その場合、根本から治療をしないと改善が難しいことが多いのです。

治療内容としては、基本的にアポクリン汗腺を除去する方法がとられます。汗腺にアプローチをすることで、効果的に臭いの発生を抑制することが可能です。

医療機関での治療法

①ビューホット

ビューホットは切らない治療である点に特徴があります。傷跡が残ってしまうことがなく、女性でも安心して受けられます。95%以上の人が一回の治療で違いを感じられたとする治療であり、20分程度の短時間で治療を終えられる手軽さがあります。

治療の仕組みとしては、まず臭いの原因になっているアポクリン汗腺に対して高周波を照射していきます。これによって生まれる熱エネルギーが組織を変性させることで、汗腺としての機能を損ねていくというものです。

②ボトックス治療

ボトックス治療は注射を用いた治療なのが特徴です。これは筋肉の働きや神経の伝達を抑制するための薬剤を注入する方法で、注射を打つだけという手軽さがあります。

ただ、効果の持続性がないという点に注意が必要です。一度の治療の持続時間は、およそ半年程度ですので、効果が切れる頃に再度の治療をしなければいけません。費用も安くない治療のため、今後のことを踏まえると、効果に持続性がある方法で対策をした方が良いかもしれません。

③ウルセラドライ

ウルセラドライもメスを入れる必要がない治療法です。高密度の特殊な超音波を当てることで、汗腺の層だけにアプローチしていくのが特徴です。熱損傷によって細胞を破壊することで症状を抑えていきます。

なお、先に紹介したビューホット治療とセットで行うことも可能です。個々のアプローチを組み合わせることで、より効果的に汗腺の働きを抑えることができますので、一方では効果が薄い場合でもセットで行うことで劇的な変化を狙えます。

胸を洗う時のポイント

①胸全体を泡でパックするように包み込む

胸を洗う時のポイントは、ボディソープの泡でパックをするように包み込むことです。擦るようにして洗ってしまう人も少なくないと思われますが、擦ることで必要な菌まで落ちてしまうのです。悪い菌が増えやすくなると、逆に臭いが強くなることがあります。
泡を作る時には泡立てネットを使用するのがおすすめです。ふわふわの泡を簡単に作り出せます。

②泡パックの状態で3分浸透させる

成分をしっかりと浸透させるために、3分程度放置しておくようにしましょう。泡パックをしてすぐに洗い流してしまうと効果が落ちますので注意が必要です。

もし待っている間が退屈ならば、体をマッサージして待つのもおすすめです。血行を良くすることで老廃物の排出を促しやすくなりますので、臭いが出にくい状態を作り出せます。

③しっかりと洗い流す

時間を置いたら、最後にすすぎを行い完了です。
その際にはボディソープの泡が残らないよう、しっかりとすすぎを行うのがポイントです。成分が残ってしまうと肌トラブルの原因になりますので、隅々まできちんと洗い流すようにしましょう。

まとめ

ただでさえ臭いの問題はデリケートな中、チチガという特殊な臭いを発生させてしまうのは厄介です。自分でも気付かないことがある症状ですので、一度チェックしてみるのも良いかもしれません。

セルフケアでもある程度は対策をすることが可能ですが、もし難しい場合は医療機関に相談へ行くのもひとつの選択肢です。根本からチチガを改善させることができればそれに越したことはありませんので、悩みを抱え続けることを考えたら、思い切って治療を受けるのも良いのではないでしょうか。

人気記事はこちら

ワキガクリームtop 1

どれだけ洗って清潔に保っても、独特の臭いが発生してしまうワキガ。 汗をかくと臭いがひどくなり、さまざまなケアや対策を施してもなかなか改善しないということも少なくありません。 そんなワキガに悩んでいる人 ...

サムネイル画像 2

汗をよくかく夏場の季節に制汗剤は欠かせないアイテムですが、具体的にどの商品がおすすめになってくるのでしょうか? それぞれの好みや体質、予算によっても選択肢は変わってくることになるので、まずはランキング ...

口臭サプリ 3

人と会話をしている時に、口臭がしないか気になった事のある方も多いのではないでしょうか? 口臭はなかなか自覚するのが難しいデリケートな問題なので、日頃から万全にケアをして対策をする必要があります。 そう ...

-体臭
-, , ,

Copyright© Un smell(アンスメル) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.