体臭

【必見】体臭がアンモニアの臭いがするのはなぜ?原因や対策を解説!

更新日:

体臭の原因は様々ですが、アンモニア臭は無視することのできないニオイの一つです。
アンモニア臭は加齢や汗臭さとは異なる特徴を持っています。
独特のニオイで体臭を強めてしまいますから、原因を特定して対処することが肝心です。

原因は、疲労感の蓄積を始めとして、体内環境の変化や悪化に年齢など、様々な要因が絡んでいるとされます。
気になる体臭が長く続いてしまうので、アンモニア臭に気が付いたら意識的に対処する必要があります。

アンモニア臭とは?

①アンモニア臭が発生するメカニズム

別名、疲労臭と呼ばれるアンモニア臭は、疲労が蓄積して肝臓機能に低下が生じ、アンモニアの分解や排出が上手くいかなくなるのが主なメカニズムです。
本来は尿素に変わって尿と一緒に排出されるはずですが、ニオイの原因となるアンモニアが血中に溶け出し、全身に回ってしまう問題となります。

血流に乗って全身を巡ったアンモニアは各部の毛穴から放出され、それが特徴的な体臭と認識されるに至ります。

②アンモニア臭とはどんな臭い?

アンモニア臭とは、尿に含まれる成分と同じ刺激臭が特徴で、トイレで感じる鼻の奥を刺激するようなニオイに似ています。
しかも、体臭の中では特に強いと考えられているので、身近なデオドラントアイテムでは改善が困難です。
子供を育てた経験がある人なら、お漏らしのニオイに近いといえばイメージしやすいでしょう。

刺激が強く強烈で、更に何時までも残り続ける感じがしますから、誰にとっても気になるニオイだといえます。
そんなニオイが全身から発するようになってしまうので、アンモニア臭は隠しようがなく、根本的な対処が必要になります。

体臭がアンモニア臭になる原因

①貧血

体臭がアンモニア臭に変わってしまう原因の一つは貧血です。
貧血は鉄分不足で起こることが多く、歩行時のふらつきや立ちくらみといった、平衡感覚に関わる問題を生じます。
鉄分が不足すると酸素の運搬が上手くいかなくなり、エネルギーの不完全燃焼や乳酸の増加に結び付き、やがてアンモニアが増えてしまう結果となります。

また倦怠感や疲労感を覚えさせたり、軽い運動で動悸の発生や息が切れてしまう人も注意が必要です。
首と肩のコリが長期間続いている人も、貧血が疑われますから、これらの症状が思い当たる場合は要注意です。

②腎機能低下、腎機能障害

アンモニア臭の発生には腎機能の低下や腎機能障害も関係します。
アンモニアを無毒化する肝臓に対し、腎臓は血中の毒素や老廃物をろ過する役割を担います。
腎機能が低下して本来の機能が正常に働かなくなると、血中の毒素や老廃物が汗に混じるようになります。
これがアンモニア臭を引き起こしたり、体臭を強くさせてしまう要因に加わります。

尿が濁ったり赤みを帯びている、もしくは泡立つなどの場合は腎臓の問題が疑われます。
トイレの回数の極端な増減や体のむくみと血圧上昇も、アンモニア臭に関わる腎臓の問題です。

③食生活の乱れ

実は食生活の乱れもアンモニア臭の原因で、食事がジャンクフード中心だと体臭増加の恐れを強めます。
なぜなら、ジャンクフードはカロリーが高く、栄養バランスに欠けるという問題があるからです。

高カロリー食は内臓に負担を掛けますし、バランスの良くない栄養素と相まって、内臓の機能を低下させる要因に変わります。
最初は胃腸の不調程度で済みますが、やがて肝臓の機能が低下し始め、アンモニアを溜め込む体質に変わります。
アルコールも肝臓に負担を掛けますから、飲酒量が多い人も体臭の変化には注意した方が良いでしょう。

④激しい運動や血行不良

ハードな運動をしたり、血行不良が起こっている場合にも、体臭がアンモニアに変化することがあります。
運動の直後は乳酸が発生することで知られますが、この乳酸はアンモニアを増加させる性質を持ちます。
運動後は丁度汗の量も増えるタイミングなので、激しい筋トレなどをした後は特に、体臭が強まってアンモニアが感じられるようになります。

一方の血行不良で体臭が強くなるのは、酸素が減少して汗腺の機能が正常に働かなくなり、汗腺内で乳酸が増加してしまうのが原因です。

⑤痛風

痛風は尿酸量の増加が結晶発生に結び付き、関節の炎症を引き起こすことで知られる病気です。
この病気では腎臓にも尿酸の結晶が蓄積するので、腎機能を低下させることになります。
痛風が直接アンモニアを増加させるというよりも、間接的に腎臓低下や腎機能障害を引き起こして、体内のアンモニアを増やしてしまう形です。

指の関節に腫れや赤みを伴い、強い痛みを生じさせる特徴があるので、アンモニア臭と共にこれらの症状に気が付いたら、医師の診察を受けることが必要です。

アンモニア臭がしないようにする対策

女性の画像

①規則正しい生活リズムにする

規則的な生活のリズムは、内臓の負担を減らして疲労を回復するのに有効です。

睡眠時間の短縮や乱れた生活のリズムは、自律神経の乱れを生じさせて消化器官の働きを悪くします。
胃や腸だけでなく、他の内臓にも影響を与えますから、体を疲れさせるような生活リズムは見直す必要があります。
個人差はありますが、睡眠時間は最低でも6時間〜8時間の間が理想的で、毎日決まった時間帯に眠るようにしたいものです。
良質な睡眠は疲労の蓄積を防ぎ、頭をスッキリさせて気持ちも晴れますから、寝不足気味の人は生活リズムを見直しましょう。

②体に疲れを溜めない

体の疲れは内臓の疲労感を高めてしまいますから、疲れを感じたら休息を取って休むことが重要です。
慢性的な疲労感は疲労臭の原因で、体臭が落ち着くまでにはそれなりの時間が掛かります。
体臭が気になるということは、それだけ体が疲れている状態を意味しますから、体臭の変化に気を付けることをおすすめします。

帰宅するとぐったりしてしまう、十分な睡眠を取っても疲労感が残る、これらは疲れ過ぎの恐れがあります。
精神的なストレスも、自律神経に影響して内臓機能を低下させてしまうので、心身共に疲れを溜めない対策が不可欠です。

③湯船に浸かる

シャワーは体の表面の汚れを綺麗にしますが、体臭の対策をするなら湯船に浸かるのがベストです。
お風呂は体を芯から温めて血行を促進する上に、リラクゼーション効果も得られるので一石二鳥です。
また、毛穴を開いて老廃物や皮脂を洗い流す作用もあるので、湯船に浸かることは思った以上に効果的だといえます。

お湯にお酢をコップに1杯程度加えると、殺菌効果のおかげで体臭がかなり抑えられます。
入浴後も肌が弱酸性に保たれるので、長く体臭抑制効果が発揮されます。

④クエン酸、オルチニンを摂取する

疲労を原因とする体臭の対策をするなら、疲労回復を促進するクエン酸オルチニンが役立ちます。
クエン酸は柑橘類やお酢に含まれる酸味成分で、体内に入ると疲労回復や血流の改善作用をもたらします。痛風を予防してくれる効果もありますから、体に疲れを感じたらクエン酸の摂取がおすすめです。

オルチニンはしじみに含まれるアミノ酸で、アルコールの分解と共にアンモニアの分解もサポートします。
乳酸を分解するクエン酸と一緒に摂ると、体臭を抑制する相乗作用が得られます。

⑤有酸素運動をする

激しい運動では乳酸が発生してしまいますが、比較的軽く体の負担が少ない有酸素運動なら、体臭を改善する有力な方法になります。
有酸素運動は適度に酸素を取り込み、発汗を促してアンモニアや乳酸の排出を助けることから、体臭の解消や予防に向いています。
運動の習慣を生活に取り入れることで、眠りに入りやすくなったりストレスに負けない体作りが行える、そういったメリットが手に入ります。筋肉に大きな負担を掛けるトレーニングだと、逆に乳酸の生成を促してしまうので、軽めを心掛けるのがポイントです。

⑥便秘を解消する

便秘が発生していると、毒素や老廃物が体内に溜まりやすく、アンモニアが発生して体臭が強くなります。

ストレスが蓄積していたり、肉食に偏っている人が便秘になりやすい傾向なので、便秘改善は生活習慣と同じく大切です。
食物繊維の摂取を心掛け、水分補給や軽い運動を組み合わせると、便秘が解消して腸内環境も良くなります。
毒素と老廃物が溜まる恐れもなくなりますから、慢性的な便秘には早めの対策が必要で、複合的に改善するのが得策です。

まとめ

体臭の一種アンモニア臭は、貧血や腎機能の変化に加えて、食生活の乱れなどでも起こることが分かっています。
ストレスや激しい運動も良くありませんから、これらに気を付けた生活を心掛ける必要があるでしょう。

原因と共に複数の対処方法も既に存在しているので、一つずつ試してみるのが対策の第一歩となります。
痛風や血行不良でもアンモニア臭が強まりますから、思い当たる生活習慣や体の変化がある時は、それに合わせた対処を行いたいものです。

人気記事はこちら

ワキガクリームtop 1

どれだけ洗って清潔に保っても、独特の臭いが発生してしまうワキガ。 汗をかくと臭いがひどくなり、さまざまなケアや対策を施してもなかなか改善しないということも少なくありません。 そんなワキガに悩んでいる人 ...

サムネイル画像 2

汗をよくかく夏場の季節に制汗剤は欠かせないアイテムですが、具体的にどの商品がおすすめになってくるのでしょうか? それぞれの好みや体質、予算によっても選択肢は変わってくることになるので、まずはランキング ...

口臭サプリ 3

人と会話をしている時に、口臭がしないか気になった事のある方も多いのではないでしょうか? 口臭はなかなか自覚するのが難しいデリケートな問題なので、日頃から万全にケアをして対策をする必要があります。 そう ...

-体臭
-, , ,

Copyright© Un smell(アンスメル) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.